2010年04月04日

犬・猫にかける「ペット保険」を考える

犬や猫などのペットが、病気やけがをした場合、動物病院での診療費は、案外バカにならないものです。


 ペット保険とは、そのような万一の場合に備えて入っておく、ペットのための保険です。


 ペット保険の内容は、人間の医療保険とほとんど変わることがなく、動物病院での通院・入院・手術費用、不妊手術や去勢、予防接種等にかかる費用の全部または一部が保障されるというもの。


 さらには、犬が子供にかみついてケガをさせた場合などの「損害補償」に対応しているペット保険もあります。


 大切な家族の一員であるペットのために、保険を利用する飼い主が増加する一方で、契約後のトラブルも増加傾向にあります。


 ペット保険業者の信頼度をチェックし、保険契約内容を確認してから契約を行うようにしましょう。
posted by wanwanko at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。