2010年04月13日

犬用の服の選び方

犬に服なんて必要ない――。

 数年前まではそういう風潮が主流でしたが、現在は、犬用の洋服は「犬服」と呼ばれて普及し、さまざまな種類のものが販売されています。


 犬に服を着せる理由は、見た目が良いからというだけではありません。


 犬の体を、散歩のときの雨風や紫外線から守ったり、抜け毛が飛び散るのを防いだりといった役割もあります。服を着せるようになってから、犬が風邪をひかなくなったという話も聞きます。


 犬用の服を選ぶ際は、目的に沿った形状・素材のものを選ぶようにしたいものです。


 また、犬の服を買うときのポイントは、事前に、犬の首まわりや着まわり、胸まわりのサイズを測っておき、合ったサイズのものを購入すること。


 注意点としては、洋服を24時間着せっぱなしにしないこと、子犬の頃から服を着ることに慣れている犬は別ですが、嫌がる犬には無理強いしないことです。


 最近では、オーダーメイド商品や、コスプレ用商品まで流通している犬服の世界。今後は、人間と同程度まで、アパレル産業も発達していくのかもしれません。
posted by wanwanko at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。